ブログ運営

思わずポチッとしてしまう!相手の感情を揺さぶるコピーライティング、GDTの法則とは?まるまる

  • こんにちは!

しらりんです。

「もっと魅力的な文章を書きたい」

「人の欲求を刺激する文章を知りたい」

    こんなお悩みはありませんか?

実は、人を行動させるためには、コピーライティングの『QUESTフォーミュラー』という説明の型がありますが、それをベースにして、さらに人の欲求の『GDTの法則』を理解して使いこなせると、とても魅力的なセールスライティングが書けるようになります。

『QUESTフォーミュラー』について詳しい内容をまとめた記事がありますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

*内部リンク予定

ぜひ、この記事を読んであなたも思わずポチッとしたくなるような魅力的な文章が書けるコツを手に入れてくださいね。

GDTの法則とは?

*図解

『GDTの法則』とは、世界的に有名なコピーライターでもある『マイケル・フォーティン』氏が発案したライティングの型になります。

この『GDTの法則』は、人が叶えたい欲求を3つの段階で表したものになります。

  • GOAL(ゴール)  目標
  • DESIRE(デザイア)  欲望
  • TEASER(ティーザー) 本性

もう少し具体的にいうとこういうことです!

  • 目標:人は誰しも時間やお金をなるべくかけずに、楽をして物事を達成したいと考える
  • 欲望:そして、時間やお金をかけてでも、富や愛や快適さを求める
  • 本性:さらに、希少性の高いモノや好奇心をくすぐるものに弱い性質を持っている

このように、人が本能的に叶えたい欲求の3つの頭文字をとったものがGDTの法則です!

なぜ人の欲求について知る必要があるのか?

では、なぜライティングをする上で、人の欲求を知る必要があるのでしょうか。

それは、

人に興味を持った貰わないと、どんなに中身が良い記事やSNSでの発信でも読んでもらえないからです!

今は情報過多の時代です。発信する人も多く、発信しても全然みてもらえないことの方が正直多いでしょう。

そんな中で、あなたのブログやサイト、動画を見てもらうには、人の欲求や興味を惹きつけるための”仕掛け”をすることが必須!

つまり、人の欲求をくすぐることが必要になってくるのです。

この”仕掛け”がGDTの法則ということになります。

《目標》G:Goal(ゴール)

※図解

まず、《目標》のG:Goal(ゴール)です。

人は時間をかけず、努力せず、お金を使わず何かを得たい生き物です。

3つの中で一番弱い欲求になります。

【時間をかけたくない】G:Save Time(タイム)

人は、なるべく時間を使いたくない(手間をかけたくない)と考える生き物です。

目標を早く達成できるなら、なるべく早く達成したいと願うものです。

Gの時間をかけたくないの例文

・1日10分で月収10万円稼げます
・たった1週間でウエストがマイナス5センチ細くなります入力

【努力をしたくない・楽をしたい】Save Effort(エフォート)

人は、なるべく努力をしたくないと考えています。

私も本音を言ってしまうと、努力しないで済むならしたくないと思う日もあります(笑)

Gの例文

飲むだけで痩せるサプリ・器具に乗るだけで、筋肉・筋力がアップします!・朝食にこれだけ食べれば美肌になります!

【お金をかけたくない】Save Money(マネー)

人は、なるべくお金を使いたくないし、失うことを恐れています。

基本的に、使ったお金以上に見返りを得られる場合に使われます。

Gの例文

・これをするだけで年間10万円お得になる裏技・お金をかけずに週末に家族で行ける穴場スポット10選

 

このGの要素を、文章や動画のタイトルに入れると、一気に魅力的なタイトルになり、思わず読みたくなるような文章が書けるようになります。

《欲望》D:Desire(ディザイヤ)

*図解

D(Desire)はより強い欲求になり、同じく3つに分類されています。

人は、人よりも幸せになりたいと思う部分の欲求になります。

・Greed:富や名誉が欲しい
・Lust:愛されたい、性欲を満たしたい
・Confort:快適でありたい、悩みを解消したい

【富や名誉が欲しい・強欲を満たしたい】Greed(グリード)

人間は、他人と比べ「自分は優れている」と思いたい生き物です。

お金をもっと稼ぎたい、高級車に乗りたい、タワマンに住みたい、高級ホテルに泊まりたい、ブランド物を持ちたい、全部ここに当てはまる欲求です。

「そんなことはない」って思ってるかもしれませんが、深層心理の中ではそういう感情が必ずあります。

Gの例文

ここに本文を入力

【愛が欲しい・性欲を満たしたい】Lust(ラスト)

これも多くの人が抱えている欲求です。

男性であれば、「モテたい」「性欲を満たしたい」

女性であれば「美しくありたい」「みんなに愛されたい」

みたいなものです。

Gの例文

ここに本文を入力

【快適でありたい、悩みや苦痛のない状態でいたい】Comfort(コンフォート)

人は、快適な毎日を過ごしたいですし、悩みがあればそれも解消したいと願います。

将来の不安(病気、仕事、お金)などもここに含まれます。

Gの例文

ここに本文を入力

《本性》T:Teaser(ティーザー)

*図解

 

3つのうち、もっとも強い欲求にあたります。

気にしたくなくても、気になってしまうある意味の毒性みたいなものがあります。

T(Teaser)には3つの欲求があります。

・Scarcity:希少性
・Curiousity:好奇心
・Controversy:反社会性

【希少性のあるものが気になる】:Scarcity(スケアシティー)

人間は、数や時間の限りがあるものに弱いです。

例的に一番わかりやすいと思います。

Gの例文

ここに本文を入力

【好奇心を掻き立てられるものが気になる】:Curiosity(キュリオシティー)

好奇心を掻き立てられるものとは、ギャップのことです。人間はギャップにめちゃくちゃ弱いです。

完璧な人が、おっちょこちょいだったり、ミスをすると人間味が感じられ、好感度が上がったりします。

Gの例文

ここに本文を入力

【反社会性、論争を巻き起こすような発言が気になる】:Controversy(コントロバーシ

人は、「やっちゃダメ」と言われたことや争いごとに気になってしまう、反社会性のあるものに非常に弱い性質があります。

Gの例文

ここに本文を入力

 

まとめ

GDTの法則について解説してきました。

G・D・Tのそれぞれの頭文字の略から命名されており、それぞれ3つずつ計9つの欲求が人間にあることを解説してきました。

Goal(目標) Time(時間をかけたくない) Effort(努力したくない) Money(お金を使いたくない)
Desire(欲望) Greed(富や名誉が欲しい) Lust(愛されたい、性欲を満たしたい) Confort(快適にしたい、悩みを解消したい)
Teaser(本性) Scarcity(希少性) Curiosity(好奇心) Controversy(反社会性)

GDTの法則を知った上で世の中の現象を見ると、いろんなことに仕掛けられ、突き動かされているということがわかるようになると思います。

そして、この法則をぜひ頭の中に入れて、あなたの売り込み文章に織り交ぜて、コピーライティングの実践に活かしてみてください。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。
次の記事でお会いしましょう。

ABOUT ME
saaori
はじめまして。 薬剤師ママのさおりと申します。 育休中にもっと身近で役に立つお薬・医療情報を届けたいと思いブログをスタート。お薬、薬剤師、子育て、ママのためのお得情報について発信しています。