子育て

【離乳食は作らなくてもいいんです】 現役薬剤師ママがレビューします!

saaori
離乳食、皆さんはどうしていますか?
頑張っても全然、食べてくれない。もう無理・・・
離乳食、それは生後5,6か月頃から始まる大きな試練・・・
と思っているママさんも多いのではないでしょうか?
でも安心してください。時代は変わりました!!!
頑張らなくてもいいんです。作らなくてもいいんです。
現に私はこの本の通りに実践しほぼストレスフリーで、現在第一子は離乳食完了期ですが、好き嫌いなく、野菜も肉も魚もモリモリ食べ、風邪もひかず元気いっぱいに大きくなりました。もちろん手作り離乳食も素晴らしいと思いますが、私のようにあまり気が進まないママさんは無理して作る必要はないのではないでしょうか?是非、この本を参考に離乳食の選択肢が増えることを私は祈っています。

どんな内容の本なの?

 

小児科医ママが執筆した1冊。

離乳食は作らなくてもいい理由をメリットをひとつひとつ解説してくれています。

イラストも豊富でステップ1~3と分かりやすく簡潔にまとまっているため産後の頭でもとても読みやすい1冊でした。産後のぼーっとしてる頭で難解な育児書なんて読めませんし、そもそもまとまった読書の時間なんて確保できないですよね(笑)

そんなママさんでもサクッと目を通せるので安心して下さい。

 

離乳食は作らないほうが上手くいく6つの理由

離乳食は作らないほうが上手くいくのにも、6つもの理由があります。

逆に言うと、手作り離乳食にするとこの6つの問題点をクリアしなければいけないことになります。

子育ては離乳食づくりだけではありません。やることは山のようにあります。私はすべてをこなすことは到底無理だと最初に痛感したので、早々にリタイアしました(笑)もちろん主人がいて余裕がある日は、作ったりストックをまとめて作る日もありましたが、平日は本当に作ってなかったですね。

詳しくは本でぜひ読んでほしいのですが、ざっとこんな理由です!!!

 

①衛生面の管理
⇒買う離乳食なら時間も手間もかからず楽・早い・安全・保存が実現
手作り離乳食って衛生面の管理が本当に大変です。万が一食中毒にでもなったら大変ですからね。その点買う離乳食なら衛生面の管理はなし。買ってきて開けるだけです。
②栄養面
⇒買う離乳食ならメニューの種類が豊富にあり、鉄分と亜鉛が上手にとれる
子供の成長にはバランスの良い食事は必要不可欠。しかしそんなことは分かっていてもできないのが現状です。手作りだとどうしても同じ食材に偏りがちに。私もわかってはいてもついつい調理しやすい食材ばかり使っていました。しかし買う離乳食ならこれも解決。専門家が考えたメニューですし、レバーなど扱いにくい食材も入っているので安心です。
③利便性
 ⇒買う離乳食なら、持ち運びに便利、外出先で購入することも可能
旅行や外食の時に手作り離乳食を持参するのはとても大変です。特に初期はどろどろなので持ち運びに一苦労。私も試しましたが、カバンの中が大惨事になったことも。しかし買う離乳食ならこぼれる心配はゼロ。
④安全面
⇒買う離乳食なら、安全な食材を使用、塩分調整、アレルギーにも配慮されている
ここまで気を使って作るのは毎日のことだと大変なので、これも考えなくていいので楽ちんです。
⑤子供と向き合う時間
⇒買う離乳食なら、子供との時間が増える
離乳食は作るのにどうしても手間も時間もかかります。しかし離乳食期はママにかまって欲しい時期でもあるので、子供が泣いてしまってなかなか進まず余計イライラしてしまうことも。買う離乳食にすれば、子供との時間が増やせます。1度しかないこの時期、子供と向き合う時間を増やすほうが離乳食作りより大切だと私は考えたので、買う離乳食優先に私はしました。
⑥イライラ激減
つまり・・・
⇒買う離乳食なら、みんなの笑顔が増える

離乳食における鉄分の重要性

これは日本人のママさんにもっと知って欲しいです。

鉄を制するもの、育児を制する!

薬剤師としても鉄は本当に重要だと私も考えます。

赤ちゃんはお母さんのおなかの中にいるときは体に必要な鉄分を十分に蓄えてから生まれてきますが、この貯蔵鉄は6か月を過ぎるころに使い切ってしまうのです。そして鉄不足になると、

・体が小さい

・グズグズする

・ギャン泣きする

・じっとおとなしくしていられず動き回っている

・言葉が遅い

・小さいものをつかむのが下手

などなど、さまざまな成長過程における弊害が起こることが知られています。

そのため6か月を過ぎたら、母乳やミルクでは不足してしまうため鉄分を含む離乳食を食べさせる必要があるのです。

本の中ではどうすればいいのか対処法もきちんと書かれていますのでぜひ実践して欲しいです!

まとめ

子育て中のママさんの悩みは本当に人それぞれで毎日尽きないと思います。

こんなことしなくても何の問題もなくパクパク食べてくれる子供ももちろんいると思いますが、なかなか食べてくれない、離乳食づくりが日々の子育ての中で大きな負担にもしなっているなら・・・ぜひこの本を一度読んでみて下さい。そっか・・・こんなに頑張らなくてもよかったのかと肩の力がきっと抜けるはずです。そして少しでも楽をしてママの笑顔の時間を増やしましょう!子供はママの笑顔が一番好きなはずなのですから。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小児科医のママが教える 離乳食は作らなくてもいいんです。 [ 工藤 紀子 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/6/11時点)

楽天で購入

 

 

ABOUT ME
saaori
はじめまして。 薬剤師ママのさおりと申します。 育休中にもっと身近で役に立つお薬・医療情報を届けたいと思いブログをスタート。お薬、薬剤師、子育て、ママのためのお得情報について発信しています。